高台から望む景色、囲まれた自然の魅力を最大限生かすワイナリーの新築計画。ワインを製造する醸造部分と、事務作業やイベント等を行う交流部門とを明快に分けて構成した。建物のヴォリュームを分節させることで主張しない周辺環境に溶け込むワイナリーを目指した。写真:新澤 一平
用途:ワイン醸造及び研修施設 概要:木造平屋建て 場所:下高井郡高山村 完成:2018年3月 設計:㈱スタジオアウラ+香川翔勲 施工:松本木材株式会社  

2018年12月1日