小高い山の上に佇む、木造平屋の改修工事。屋根と構造躯体を残したフルリノベーション。既存建物の魅力を残したいクライアントの意向を汲み取り、既存構造といかに対峙するかを考えた。

既存躯体を見せる部分、見せない部分の単純な操作で、既存建物の魅力・建物から見える風景を生かすよう試みた。

間仕切りが少ない間取りにおいても、柱を拠り所として、生活する場所の性格に変化を与える。

林立する柱の奥には、小屋組を見せたリビング、窓からは北信五岳、落ち着いた書斎等、残した床の間が垣間見られる。

用途:住宅

概要:木造1階

場所:長野県某所

完成:2019年2月

設計:香川翔勲

施工:松代建設工業

2019年3月27日